森づくりフォーラム・ニュース

2016年2月10日 イベント

3月6日(日)森づくりフォーラムシンポジウム
「森から人へ 人から森へ~森づくり活動のこれから
林野庁補助事業 森づくり活動実態調査より~」

20160306

森づくりの「今」を知り、
「これから」を考えよう!
連続講座「森から人へ、人から森へ」
第4回
~森づくり活動のこれから 林野庁補助事業 森づくり活動実態調査より~

■ 2016年3月6日(日)13:30~17:00
@東京大学弥生講堂アネックスセイホクギャラリー

森づくりフォーラムは、全国約3,000団体を対象に「平成27年森づくり活動実態調査」を実施しました。
回答の集計により全国の森づくり活動の状況・課題が明らかになりつつあります。

この調査結果をふまえて、森づくり活動を積極的に行う団体の事例を交えつつ、
森づくり活動の「これから」を語り合いたいと思います。

【申し込み】
下記フォームに必要事項を記入の上送信ボタンを押してください。
0306_森から人へ人から森へチラシ(541KB)

【開催日】 016年3月6日(日)13:30~17:00
【会 場】 東京大学農学部弥生講堂アネックスセイホクギャラリー
アクセス→http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/map.html
【コーディネーター】 松下 芳樹(森づくりフォーラム理事)
【参加費】 無料(※定員に達し次第、受付終了となります。)
【申し込み】 申し込みフォームから
【問い合わせ】 office@moridukuri.jp
【出演団体】(※以下50音順、敬称略)

◯ 奥多摩・山しごとの会(東京)
http://yamashigoto.fieldnets.org/
生活環境を支えてくれている森林の維持、管理を、地元にのみ依存するのではなく環境受益者である都市生活者も、その一端を担うべきであると考え、間伐・枝打・下刈など、山仕事の技術を磨きながらその活動を通じて地域との交流・理解を深め、森林に親しみ、森林を学び、人と森林のより良い共存関係の実現を目指しています。「山仕事を楽しみながら森林を学ぶ会」

◯ NPO法人 ちば森づくりの会 (千葉)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~chibamoridukuri/
人と里山との関わりが薄れた今日、地域住民や都市住民の参加による多様な森林活動によるみどりと環境の再生が求められている。
ちば森づくりの会は、都市近郊に位置する千葉市の森林を蘇らせるとして立上った、実働型の森林ボランティア団体。

◯ 認定NPO法人・埼玉県指定NPO法人 ときがわ山里文化研究所 (埼玉)
http://tokigawayamazato.web.fc2.com/
埼玉県の一山村ときがわ町を活動拠点に、都市市民と山村の多彩な交流を通じ、間伐材でログハウス作り、伝統の土窯で炭焼き、源流の森づくりやわさび作り等山里の自然や文化を守り継承する活動を行っている。

◯ NPO法人トチギ環境未来基地 (栃木)
http://www.tochigi-cc.org/
米国のConservation Corps プログラムを若者のチームによる長期間(3ヶ月間)滞在型の森づくり活動を行っている。
この若者達が中心になり、年間250日以上現場で活動。学生、企業、地域など様々な人たちと力を合わせ里山、竹林整備に取り組んでいる。

◯ 穂の国森林探偵事務所(愛知)
http://moritan.org/
愛知県新城市の北畑を拠点に、小規模な山林所有者への支援や、情報機器を活用した山の情報化、体験事業などを通じた人材育成、森をきっかけとした上下流、都市・山間地域づくりなどに取り組んでいる。

◯ NPO法人よこはま里山研究所NORA(神奈川)
http://nora-yokohama.org/
「 里山とかかわる暮らし」を実践することにより、里山保全と豊かな暮らしを目指すNPO。
おもに横浜市内のフィールドにおける山仕事・野良仕事のほか、「はまどま」という拠点では野菜市、食事会、竹細工講座などを開催し、コミュニティづくりに取り組んでいる。

◯ 理想の森プロジェクト(京都)
http://risoh.exblog.jp/
京都市・北区の雲ヶ畑をフィールドに、2003 年から広葉樹の森づくりを行っている。
参加者も社会人から学生、親子連れなど様々。それぞれのペースで、できる作業を見つけながら雲ヶ畑の山や人と関わっている。

最新ニュース