『森づくりフォーラム通信』No.227 2020年4月23日号


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    
       『森づくりフォーラム通信』No.227  2020年4月23日号
            NPO法人 森づくりフォーラム
            https://www.moridukuri.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  1 森づくりフォーラムからのおしらせ 
  2 おしらせ
  3 気になる 森と緑と山と木と 関連情報 
  4 森の本・本の森+森の映像
    枝葉末節

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1 森づくりフォーラムからのおしらせ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 ■新型コロナウイルス感染症に関する森づくりフォーラムの対応について
  更新しました。
  https://www.moridukuri.jp/forumnews/200303.html

 ■内山節ライブラリー『問い直し』を公開しました。
  https://www.moridukuri.jp/library/200420.html

 ◇森をつくる・活かす活動の団体運営者・参加者のみなさまへ
  SDGsに関する簡単な意識調査アンケートにご協力をお願いします!
  所要時間3分ほど。集計結果は森づくりフォーラムWEBで公開する予定です

  アンケートはこちら
  https://jp.surveymonkey.com/r/KPY769F

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2 活動やイベントほか おしらせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■新型コロナウイルス こんなときは どんな支援が?
  https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/management/?tab=1

 ■新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けたNPO法人向けの
  「運営」に関する支援情報 /東京ボランティア・市民活動センター   
  https://www.tvac.or.jp/news/50468

──────────────────────────────────

 ■栃木 NPO法人トチギ環境未来基地 活動情報 https://www.tochigi-cc.org/

 ■東京 認定NPO法人 JUON(樹恩) NETWORK 活動情報 
  https://blog.canpan.info/juon/

 ■東京 西多摩自然フォーラム 活動情報 http://ntforum.org/sched.html

 ■東京 一般社団法人more trees オンラインショップ
  https://more-trees-design-jp.stores.jp/

 ■東京 株式会社ワイス・ワイス 家具 https://wisewise.com/kagu

 ■東京 私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ https://watashinomori.jp/

 ■神奈川 NPO法人よこはま里山研究所 活動情報 http://nora-yokohama.org/

 ■大阪 NPO法人日本森林ボランティア協会 活動情報 http://www.npomori.jp/

 ■香川 NPO法人どんぐりネットワーク 活動情報
  https://www.donguri-net.com/activity/

 ■福岡 認定NPO法人山村塾 活動情報 https://sansonjuku.com/

──────────────────────────────────

 ■藤原辰史 パンデミックを生きる指針―歴史研究のアプローチ
  https://www.iwanamishinsho80.com/post/pandemic

 ■山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信
  https://www.covid19-yamanaka.com/index.html

 ■3.11甲状腺がん子ども基金   http://www.311kikin.org/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  3 気になる 森と緑と山と林と木と 関連情報 ニュースから 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■【原発問題】ニュース  http://www.47news.jp/47topics/e/200026.php

    ■ロシア チェルノブイリで森林火災、高い放射線に阻まれ消火活動難航
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200413-00010001-reutv-eurp

 ■<新型コロナ> 自然破壊、温暖化もウイルスまん延の一因?
  地球環境守るための「行動変容」を
  https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020040990105842.html

 ■コロナ失業対策 森林環境譲与税で「緑の雇用」を 橋本淳司
  https://news.yahoo.co.jp/byline/hashimotojunji/20200407-00171760/

 ■(天声人語)森の人逝く C・W・ニコルさん
  https://digital.asahi.com/articles/DA3S14430776.html?iref=pc_rensai_article_long_61_prev

 ■東京 簡単炭焼き ドラム缶窯で挑戦 炭アンバサダー田中優子さん
  https://www.agrinews.co.jp/p50536.html?fbclid=IwAR0jMny1ncxkvZSPbEBaSJukWnL0ggSl2cFHsMD86q5cNtY7JEQ9TymU5vc

 ■山梨・小菅村 多摩川源流研究所が「15年間の歩み」刊行
https://news.yahoo.co.jp/articles/7fc7cab30e5c3b0f2dce4fc85d036afe79a544a2

 ■京都 間伐材から作る新素材・布マスク
  https://www.lmaga.jp/news/2020/04/110721/

 ■大阪 森友学園 国有地売却問題  https://l.mainichi.jp/j2851r

 ■森友調査求め、電子署名30万筆 
  https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020041701002241.html

 ■長崎 いとうせいこうが見た石木ダム「戦後日本のでたらめさ」
  https://www.asahi.com/articles/ASN4932G4N3VTOLB004.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  4 森の本・本の森 +森の映像 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■『新型コロナ 19氏の意見』 農文協ブックレット(農山漁村文化協会)
   http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_54020137/
   1100円(税込)  5月14日発行(予約受付中)

  新型コロナのパンデミックが急速に拡大するさなか、この未曾有の事態を
  めぐって19人が寄稿。各分野で活躍する19人が多角的・複眼的な視点から、
  新型コロナとそれがもたらした社会現象について論じる。

  内山節(哲学者) 高田礼人(北大教授、ウイルス学) 山本太郎(長崎大教授、国
  際保健学) 山田真(小児科医) 内田樹(神戸女学院大名誉教授) 藤井聡(京大
  教授/社会工学) 雨宮処凛(作家・活動家) 磯野真穂(医療人類学者)ほか。 
  http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_54020137/


   ■冊子『森と獣と人』 森づくりフォーラム
    田口洋美 石崎英治  600円+税 B5判 52p 1色
    https://moridukuri.stores.jp/items/5dbbcd4c745e6c5b84814b48

   ■冊子『森をめぐる活用のこれから』  森づくりフォーラム
    谷茂則 小森胤樹   600円+税 B5判 52p 1色
    https://moridukuri.stores.jp/items/5cb3ee834da8526cc0297d32

   ■冊子『森をめぐる経済のこれから』  森づくりフォーラム
    内山節 赤堀楠雄   600円+税 B5判 52p 1色
    https://moridukuri.stores.jp/items/5bf4d62368702420e100012e

   ■冊子 昔の山仕事 聞き書『山の親父のひとりごと3群馬編』1000円(税込)
    https://moridukuri.stores.jp/items/5d085ad7698fa5073823366c

   ■『内山節と読む 世界と日本の古典50冊』 内山節 著
    2750円(税込) 農山漁村文化協会(農文協) 392P
    http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_54019149/

   □映画 『福島は語る』証言ドキュメンタリー
    http://www.doi-toshikuni.net/j/fukushima/

   □映画 『ほたるの川のまもりびと』 http://hotaruriver.net/

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

   枝葉末節  

 ▲新型コロナウイルスの報道では「まんえん」という言葉がたびたび使われます。

 「まんえん」、漢字で「蔓延」です。蔓延る(はびこる)ことです。
 つる(蔓)がのび(延)る、と記します。

 つる植物といえば、クズ、ヘクソカズラ、ヤブガラシ、フジ、ツタ、アサガオなど
 を思い浮かべることが多いでしょうか。
 
 思えば、イチゴもブドウもカボチャもキュウリもサツマイモも「つる植物」です。
 
  「つる植物とは、自身の茎で自立せず他の植物や物体に巻き付いたり、
   地面を這いながら成長する植物の総称です」

 と、鶴見高校のウェブに出ています。

 ▲「蔓延る(はびこる)」について、辞書にはこう書いてあります。
  1.木がのびてひろがる。ひろがりしげる。
  2.一杯にひろがる。
  3.よくないものの勢いがさかんになる。はばを利かせる。増長する。

 畑や庭に雑草は蔓延っても、チューリップは蔓延りません。
 空気を読んでの忖度は、淀んだ場所で蔓延りがちですが、
 新緑の清々しい空気は決して蔓延りはしません。

 マンエン=ハビコルは、意味3 の使われ方が多いようです。

 その説明にある『はばを利かせる』とは「威勢を張る。いばる。幅をきかす」
 などのことです。

 謙虚さから遠くエラソーな、あの態度あの表情を思い浮かべてしまいます。
意味の3.「増長」しているのでは、とすら感じるときがあります。
 
 ……いかん、イメージが頭内に蔓延ってしまいそうです。

 ▲以前のことです。ある環境教育関係の集まりでした。

 山里の学校に勤務する小学校の先生が、50cmほどの傘型をした黒いプラスチック製
 のものを持って登壇しました。

 それがどのように使われるものなのか、私はすぐにはわかりませんでした。

 それは、電柱支線などに取り付けられている「つるまきストッパー」「かずら巻き防
 止ガード」でした。そう、“つる”の巻き上がりを防止し、配電線故障を未然に防ぐ
 「あれ」です。

 この用具を教材にして、つる植物の性質や電線に巻き付くことで起こる事故について
 学ぶとのことでした。

 1週間後、1か月後、つるはどこまでどう延びていくのか。
 意識して毎日ながめていると、その成長力に驚くことになります。

 傘型の上部を透明にして「つるをストッパーのなかに誘い込み、上に延びないよ
 うにしている」製品もあるようです。

 「あれ」は、つる類の蔓延をくい止める頼れるストッパーでした。
 そういえば、私はストッパーをしばらくながめていないことに気づきました。

 ▲ずいぶん以前のことです。アメリカ・テネシー州を訪ねました。

 TVA(Tennessee Valley Authority・テネシー川流域開発公社)と州立大学を訪ね、1930
 年代からの失業対策として行われたCCC(Civil Conservation Corps)によって植林された
 森を歩きました。

 そのとき、森林整備の担当者が「クッズーに困っている」と話していました。

 クッズーはKudzuと表記します。葛(クズ)のことです。

 ニューディール政策をすすめるころから、アメリカでは土壌と水源保護ほかの目的で
 クズの種を日本から輸入しました。グランドカバーとしてすばらしい成長力のクズで
 す。
 が、人の計画なぞはるかに超えて成長しつづけるクズは、侵略的外来種となりました。

 クズは、テネシーにハビコッ(蔓延っ)たわけです。

 ▲思い出しました。

 この訪問のとき、私は初めて自然林にあるユリノキ(半纏木)をながめました。
 日本では公園や並木でしか見られないユリノキはテネシーの州木です。

 ずいぶん昔のことです。

 中学校で、1930年代アメリカのニューディール政策について教わりました。
 教科書には、TVAをテネシー「渓谷」開発と記してあったはずです。

 アメリカの渓谷といえば、グランドキャニオン(行ったことないけれど)のような
 景観をイメージします。
 けれど、あのとき訪ねた森もダムあたりの川も飛行機からながめた様子も、
 渓谷とはちょっと異なるおだやかな広がりでした。

 「Valley」には、「渓谷・谷」のほかに「流域」という意味がある。
 そのことも、テネシーを訪ねたときに初めて知ったのでした。

 いまは、テネシー川流域開発と訳すことが多いようです。

 ▲そのテネシーの森でのことです。

 「クズは、日本では古くからの薬用植物であり、根からのデンプンでつくる葛餅
  は大変にポピュラーな菓子であること。繊維では葛布を織ったり、つるでカゴ
  を編んだり、クズはさまざまに活用されているのであります」

 はるか遠方まで、かってに連れて来られ、あげく邪魔者扱いされているクズ。
 そのクズに心を寄せた私は、そう力説したのでした。

 と、いうような記憶は、まったくありません。

 ▲窓外は、日に日に緑濃くなっていきます。
 
 状況は、日に日に変わっています。
 日に日に、その対策への疑問や不安の芽も膨らみつづける気配です。

  「私たちは、実はこういう社会で生活していたんだ」
 
 そう、見せつけられ思い知らされる日々でもあります。

 日常生活を続けていても、新型コロナウイルスの蔓延を完璧に防ぐことができる。
 そんな、頼れる「ストッパー」のようものは、今のところないようです。

 しばらくは、ときにイモヅル式に記憶やイメージを膨らませつつ、
 郊外狭小住宅内日常をおだやかに過ごしたい、と思っているのですが。

 みなさん、お元気で。

 安心して外出できるようになったとき、
 どこかの森でお会いできることを楽しみに。
 
                      (中沢和彦)        
                  
──────────────────────────────────
 ・校内のつる植物について 神奈川県立鶴見高校
  https://tsurumi-h.pen-kanagawa.ed.jp/kankyo/kounai/kounai_100901.html

 ・つる巻きストッパー http://meishindenki.co.jp/products/products03_13.html
──────────────────────────────────

   ■メルマガ・バックナンバー
    https://www.moridukuri.jp/information/backnumber.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   情報・感想などをお寄せください。office@moridukuri.jp  
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 森づくりフォーラムは、各地域の森づくり活動を支援し協力しあう団体です。
 「森とともに暮らす社会」を一緒につくりましょう。
   ★☆ご入会・寄付は http://www.moridukuri.jp/join.htm

   ☆Facebook 有朋自遠方来 不亦楽乎
    https://www.facebook.com/forumstaff.moridukuri
   ☆Instagram 
    https://www.instagram.com/moriforum

 ────────────────────────────────────────────
       ■編集・発行 NPO法人 森づくりフォーラム
           http://www.moridukuri.jp/
 ────────────────────────────────────────────

【メールマガジン配信停止に関して】
 本メールマガジンは、ご購読希望者の皆様、当法人の活動関係者の皆様、
ならびに当法人スタッフと名刺交換をさせていただいた皆様にお送りしています。
今後こういったご案内がご不要でしたら、件名に"配信停止"と記載いただき、
office@moridukuri.jp へご返信ください。

【まぐまぐ版 メールマガジンについて】
 メールマガジンは、直接配信のほか(株)まぐまぐのシステムを利用しても配信
しています。「まぐまぐ」で登録いただきますと「まぐまぐ」発行のメールマガジ
ンが配信されます。希望しない場合は解除してください。